オレンジ色のスプーン

2014年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2014年07月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年06月
ARCHIVE ≫ 2014年06月
      

≪ 前月 |  2014年06月  | 翌月 ≫

清楚 

bIMG_7143b

IMG_7159ようこそ!

IMG_7094b.jpg

IMG_7162b.jpg

IMG_7154b.jpg

IMG_7150b.jpg

IMG_7206b.jpg

IMG_7210b.jpg

IMG_7101b.jpg


IMG_7152b.jpg

IMG_7163b.jpg

静かに、静かに三日間の命を大切にして咲く。「ひたむきな愛」と言う言葉を残して・・・

雨でも見に行く、と晴れ女が言った。おかげで、昨夜からの雨は5時過ぎには止んでくれました。わたし達が6月にここにお邪魔するのは初めてでした.。やっとやっと!会えましたよ。会えて嬉しい、嬉しい。わたし達は静かに心の中で興奮していました。精一杯咲いています。そして私たちを夢中にさせた。
茶道の先生が一番喜ぶ 花だそうですよ。   「上松町の町花」 140629

平家物語より「夏椿」

IMG_7069b.jpg

 カンロ飴の白いろ版みたい。甘くておいしそうだね・・・ 
IMG_7090b.jpg
 
 でもこれらは飴サンプルなので食べられませんよ!
IMG_7070b.jpg

IMG_7084b.jpg

IMG_7078b.jpg

 Shall we  dance ?
IMG_7071b.jpg

 空に向かって元気よく
IMG_7077b.jpg

梅雨の晴れ間の優しい白い花。静かに静かに、初夏の風に揺れています。隣には山法師の花が咲いています。夏の樹に咲く白い花はどれもこれも夏のお嬢さんのように爽やかね。

単純にして明快な案内図


IMG_7019b.jpg

 『親海湿原』
IMG_7021b.jpg

IMG_7022b.jpg

IMG_7024b.jpg

IMG_7025b.jpg

 『姫川源流』 白馬小唄に~♪姫と名のつくあの川に♪~ とあります。
IMG_7031b.jpg

IMG_7030b.jpg

爽やかに雨の中の散歩

IMG_7051b.jpg

IMG_7042b.jpg

IMG_7043b.jpg

IMG_7050b.jpg

IMG_7061b.jpg

IMG_7059b.jpg

カキツバタを見に出かけた。時期はとっくに過ぎていました。それでも少しでも見ることができたから満足です。雨の日でも緑の中を歩くって気持ちいいね。森林浴と雨のマイナスイオン(?)でリフレッシュできましたよ。

戻ってからそばを打っていただき、ゆで汁はさくらゼリー(桜の塩漬けの桜を利用して)を作ってみた。夏向き用にしたら、しょっぱかった。山のおやつには丁度いいかな。そばは美味しかった。温かいのと冷たいのをいただきました。相変わらずいい手さばきです。

よく整備されている遊歩道。数日前に草刈りをしてくれたのでしょう。お陰で気持ちよく散歩ができましたよ。
*大町市平 居谷里湿原  140622

山姥?がいる北のまたその先の北の奥山?

眼下の風景。少し歩くと山小屋風喫茶店がありますよ。喫茶店の一段下にはテラスもあるから晴れていれば一日中でもいたい場所です。たぶん私は昼寝でしょうが。
IMG_7033b.jpg

とてもよく整備された超急階段遊歩道。緩やかと急が交互にありジグザグに続く。どの位急なのかわかるように山姥いや、友に立ち止まっていただく。なぜ休憩しなくてはいけないの?と言い出しそう・・・。実際はもう少し急です。90度マイナス・・・?位です・・・三角形作って計算してみて!答えが出たら教えてね。
IMG_7034b.jpg

OK!と言うとすぐに音もなく走り下って行った・・・ この間15分くらい。この次は上りに使いたいねと言ったらね、下りの方が楽しい、と山姥いや、友は言った。その先に目をやると吊り橋が見えるでしょ?もうすぐ着きますよ。
IMG_7035b.jpg

階段を下りて振り返る、左奥に階段とくま除け木槌が見えるね。この吊り橋は『押込橋』。少し揺れま~す~~
IMG_7038b.jpg

吊り橋が揺れないように静かに渡りきり・・・
IMG_7036b.jpg

水車小屋を見て・・・
IMG_7039b.jpg

おやつは私だけ食べて・・・
IMG_7040b.jpg

一周して戻りました。
登山口チェックに来たのに、いや、近くまでは行ってるはず・・・道を間違えてここに来たわけさ!楽しい山道を歩けたから満足、満足。この次は階段を上りに使ってみよう!!! 一周40分位の散歩です。   
 
*白馬村大出の吊り橋の裏山 140621

アサガラ

榊山の白い花は 『アサガラ』 花名人の友達から教えていただいた。

IMG_6987b.jpg

IMG_6989b.jpg

榊山のアサガラはもう満開でしょうね!

南あっちの山近くに住むその友によると満開のようです。登山口にあるようです。お誘いメールをいただいたのに出かけてまして・・・。次の楽しみにとって置きます。

オレンジの花 コウリンタンポポ

この花を求めて6月初めに山に向かったのです。ない!ない!いつものところにない!。探した結果が根っこさら抜かれて捨ててありました。根っこがからからに乾いていました・私の心はしおれてしまいました。この花のことで議論をして「NPO楽々安曇野」をやめた人に次の週あっているんですよ。とても熱心に活動していた人でしたからとても残念です。((ここだけの話、植えなおしておきました。土は雨で湿っていたから丁度良かった!だってね、さくら池コースで友達に会うまで外来種だなんて知らなかったしね。))

IMG_6804b.jpg

IMG_6805b.jpg

pageこうりんたんぽぽ2013
 20130526 一本だけ咲く『コウリンタンポポ』 

日本で一番海から遠い地点とその上にある山

日本で一番海から遠い地点標高1200mとその上にある山へ行ってきた。「丸山晴弘さん」がテレビで紹介していたので『行きたし』と葉書を出した。あわてて行くほどではない、春になってからでよいよとすぐに返信の葉書が届いた。林道歩きは楽しかったので遊びながら歩いた。むき出しの大岩、二人静なのに四人静?であったり、せみは向こうの山から聞こえてくる。沢を流れる水の音が爽やかな風とともに心地よく聞こえる。ここは美味しい伏流水。水の中で遊んで沢を渡り、そして沢の中を歩く。日本で海岸線から一番遠い地点に着いて早速、記念撮影。佐久市の臼田支所へ写真を送ると認定書を発行してくれるらしい。10分ほどで(1分の急登がある)目的の山に着く。気分の良いハイキングコース。

IMG_6956b.jpg

IMG_6955b.jpg

丸太の橋を難なく渡り
IMG_6958b.jpg

清流の音を心地よく聞きながら・・・
IMG_6986b.jpg

二人静の花を見て、4つも付いていると感激し・・・
IMG_6962b.jpg

すぐそこですよ!「日本で海から一番遠い地点 標高1200m」
IMG_6965b.jpg

はい、こちらですよ。
IMG_6969b.jpg

四等三角点の山頂。標高1258m。眺望はないけれどミズナラ、コナラなどの広葉樹林に囲まれている。木々の間を涼やかな風が吹き渡る。秋になって木々の葉っぱが落ちれば、荒船山や妙義山山系が見えるでしょう。山に登って山を見る山になるでしょう。
IMG_6971b.jpg

IMG_6972b.jpg

IMG_6974b.jpg

IMG_6973b.jpg

これだけかたまっていると恐くない。こっちを見てないから恐くない・・・
IMG_6983b.jpg

しだれていた白い花木。花名人でもわからないと言う・・・ だから私にもわからない・・・
IMG_6987b.jpg

お疲れ様でした!  
もうちょっとゆっくりして緑の中でお昼寝したかったな。と思うのは山遊び人の私だけです・・・ ・・・
IMG_6991b.jpg
 

早朝は、龍岡城址五稜郭。 榊山下山後は*「田口峠」 *「広川原の洞穴群」(ここのみ歩く。森林整備の行き届いたジグザクの道。案内標柱があるのは三か所の洞穴。そのうちの一つは滝の中(鏡穴)。最上部は祠一基。) *「狭岩峡」(峡谷の向かい側の岩壁上部に大きな蜂の巣発見。鎖があれば何とか登って取れる・・・。いや何とかならない、見るだけです。) へ行きましたよ。


今日も楽しい一日だった。仲間に感謝します。  

*群馬県南牧村(なんもくむら)日本で海岸線から一番遠い地点 
*佐久市田口 榊山。 140615

花再び保護作業

山の一番上にて。本当の色は赤紫色。どうやったら赤紫の色が出るの?

IMG_6937b.jpg

IMG_6940b.jpg

嬉しいね、花が増えていた。 道の真ん中だから保護した本人も踏みそうになり、あわててしまった。そこで今日は2ヶ所に長い枯れ枝に赤のビニールテープをまいて目立つようにした。20分の作業終了。わたしの道③はこんな道です。
IMG_6945b.jpg

午後になり、山を見せてくれた。夏山に変わりつつある常念岳、こまくさの山、横通岳。
IMG_6931b.jpg

IMG_6932b.jpg

さくら並木から途中、さくら池駐車場に戻ると車2台。1台は③を出たところで見かけた女性の車でしょう。この山はほとんど親戚、ほとんど友達のようなもの。誰に会っても立ち話10分。でここで会うとあちこちの山に誘われ仲良しになる。これからもご一緒してください。いつも本当にありがとう。14:17駐車場に戻る。

のんびりとゆったりとお昼はここで

せみの声は遠のいて、代わりに小鳥の声に変わる。畑のわきに咲く花のそばでお昼にした。お昼が終わる頃小雨。あわてて伸ばしていた足を引っ込めて片づける。小雨は森の中を抜けるまで続いた。  旧仲田家にて。 140613

IMG_6918b.jpg

IMG_6924b.jpg

IMG_6916b.jpg

心が新鮮になる緑の中で

緑がまぶしい・・・。ジグザグの道の後は平坦な道に変わる。標高が高くても低くても平坦な道になった時こそゆっくり歩いて。こう言う平坦な道になると足早に歩く人がいる。そういう人は初心者だね。ゆっくりだといろんなことが目に入る。花、虫・・・そして、いろんな鳥の声が聞こえる。山は何も考えなくていい。そして時々振り返る。いつもとは違う自然がそこにあることを発見する。楽しいね、山歩き。 140613

IMG_6903b.jpg

IMG_6905b.jpg

IMG_6884b.jpg

IMG_6910b.jpg

IMG_6889b.jpg

楽しいね、おやつの時間 ~さくら池近く~

林道仕事を終えた後、熟した桑ズミを沢山採って葉っぱに包みおみやげに持ち帰った。こんなに美味しいのにだあ~れも食べなかった。食べながらその頃を思い出した。自然ガイドの友達は案内するときに、『食べれます』『食べれません』と案内する。いいガイドだ。

IMG_6947b.jpg

 大きい口をあけて上を向いて口の中に入るのを待つ
IMG_6877b.jpg

IMG_6947b.jpg

IMG_6933b.jpg

IMG_6880b.jpg

のんびりとこっちの山-5

向山ベンチ周辺に咲く。しばらくはこの花が楽しめそうですよ。

IMG_6800b.jpg

IMG_6801b.jpg

IMG_6802b.jpg

さくら並木のコースは暑かった!でも山頂から森の中に入るととても涼しくて足取り軽く、その先も、またその先も涼やかな風が吹いていた。さて今年は「スイカ山」へ行ってスイカを食べて昼寝しよう。カモシカと呼ばれていたらしいがとうとう山遊人になってしまった。プラチナ世代の私、3000m超えるのは控えようと思っていたから今がちょどいい時期かもしれない。でも間違って高いところをヒョコヒョコと歩いていたりしてね。

のんびりとこっちの山-4

旧仲田家の庭を借りてお昼をした後、『子ノ神神社』周辺を歩きまわり、その後は、さくら池コース。少し下ると「いまどこ?」の電話があって昼寝しながら待つことにしました。

『子ノ神神社』
IMG_6828.jpg

野山で抹茶はいかが? お菓子は「笹団子」 写真撮る前に食べてしまった!でもこれから登ってくる友達のお菓子は・・・えーとあったかな?
IMG_6836b.jpg

お菓子
IMG_6850b.jpg

茶花
IMG_6838b.jpg

急に涼しくなってきた。お天気変わるね。友はすぐここに戻ると言ってた。先に下ったけれどさくら池に着いたのは1分早かった私。どこで遊んでたっけ? お互いにびっくりしてた。(早いねは私。、何してた?が友達。無言で分かった)

のんびりとこっちの山-3


この花のお名前は? この次はルーペでのぞいてみましょう・・・
IMG_6794b.jpg

IMG_6797.jpg

IMG_6799b.jpg

私の道③を歩いていると道の真ん中に咲いていました。踏まれてはいけないので、枯れ枝で囲っておきました。もっとも3人くらいしか知らない道です。③の入り口はわかり易いのですがねぇ~。頂上へ行かれるか不安らしい。今はもう赤ぴらは古くなってしまいましたがよかったら歩いてこの花を見て下さいね。

のんびりとこっちの山-2

この中をのぞいてみたことあるよ。 暗くなるとね明かりが点くようになっているんだよ・・・ かわいいね、ほたる(の)ふくろ

IMG_6778b.jpg

IMG_6779b.jpg

IMG_6781b.jpg

のんびりとこっちの山-1

山が見えないので今日はこっちの山だけにして、相変わらず目を左右に動かしてのんびりとさくら並木コースを行く。

登山口。見てから行ってよ! そうだねあわてちゃいけない。急坂だからね。
IMG_6768b.jpg

山頂手前。まだ青い・・・
IMG_6815b.jpg

山頂下。微笑んでいた・・・
IMG_6820b.jpg

IMG_6821b.jpg

白い花の中でちょっとひと休みませんか?

透きとおるような緑色していた花も白色に変わり、後は「赤い実」になるのを待つだけ。すてきなお皿を持ってこの木の下でおやつの時間を楽しみにしているところです。1本の木だと思っていたら4本の大きな木がありました。殆ど毎日遅刻寸前の私は通勤で走っていたから目に入らなかったのですね。年次休暇中の私は今、時がゆっくりと静かに流れていくのを心地よく感じています。そしてカッコウがカッコー、カッコーと大らかに鳴いてくれる。セキレイがチョコチョコと私の足元近くまで来てくれる。遠くからは春ゼミの声が聞こえてくる。<前庭の音楽ホールにて>

 先生、ヤマボウシね、いつになく沢山の花をつけてきれいですよ
IMG_6753b.jpg

IMG_6761b.jpg

IMG_6755b.jpg

IMG_6757b.jpg

IMG_6762b.jpg

IMG_6750b.jpg

IMG_6748b.jpg

IMG_6763b.jpg

実が赤くなると目が離せない。知らないでいるとすぐ落ちてしまう。朝、時々ひろって通勤リュックに入れて職場で食べていました。当然遅刻。いや~みんなのデザート拾っていたから、へへへと笑ってごまかしていました。食べるのは私だけ、誰も食べませんねぇ~。美味しいのにね。

あがたの森のコンサート ♪

いつもご招待ありがとうございます。『コンサートのご案内』をいただいてすぐに2枚申し込みました。曲目は他には 霞か雲か、ローレライなどのドイツ民謡、旧制高等学校寮歌 「一高 嗚呼玉杯・ 三高 琵琶湖周航の歌・ 旅順工科大予科唐紅の花衣・ 八高 光のどけき・ 松本高 春寂寥」

img004b.jpg

 あがたの森文化会館。
IMG_6737b.jpg

IMG_6740b.jpg

音楽会終了後少し遅いお昼。辛い!辛い!ホントに辛いカレーをいただきました。前にも一度頂いているのに〝辛い〟を すっかり忘れていたのです。でも美味しかった・・・です。 「松高同窓会館内の花月にて」
IMG_6741b.jpg

*葉書、店名掲載について不都合でしたら削除します。

心が踊るように・・・ 心が輝くように・・・ 

IMG_6668b.jpg

IMG_6667b.jpg

IMG_6708b.jpg

IMG_6710b.jpg

IMG_6731b.jpg

IMG_6732b.jpg

甘い香りがたくさん貴女に届きますように・・・。そして明日も輝く一日でありますように。 

愛らしいピンク

 優しい貴女はピンクが似合いそう・・・。
IMG_6687b.jpg

IMG_6689b.jpg

IMG_6688b.jpg

IMG_6686b.jpg

IMG_6690b.jpg

IMG_6702b.jpg

 ほらね!とっても良く似合ってるね

幸せを花束にしてあなたに贈ります

IMG_6665b.jpg

IMG_6656b.jpg

IMG_6660b.jpg

IMG_6657b.jpg

IMG_6654b.jpg

IMG_6653b.jpg

IMG_6721b.jpg

IMG_6665b.jpg

IMG_6655b.jpg

『幸せを花束にしてあなたに贈ります。お幸せにね!』ご結婚おめでとうの祝電の言葉。若いころからこの祝電を何通も贈っている。友達でありまたは、職場の同僚、サークルの友へ・・・

アカシアの花の天ぷら

アカシアの花の天ぷらは美味しかったけれど・・・

       IMG_6639b.jpg

天ぷらしている時も痒かったです。食べている時もです。冷めてから食べてみたら美味しかった。食べたことがあると言う人に聞いたら甘いよと言ったけれど、甘くはなかった。思い出すと痒い!です。でも花粉症の仲間にはなりたくないですよ。写真は左から、ウドの葉、アカシアの花それにアスパラガス。アカシアの花蜜はいくらなめても大丈夫でしたよ。よかったぁ~。

感謝・・・アカシアの花と蜂軍団に

Oh! 貴婦人のように美しく、気位が高く、透き通るような美しさ、優雅な香りを放つ貴女、甘~い声で私を惑わす・・・ワインじゃないんだから、その辺でやめたら!と言われそうです。そうです、2年ぶりにあなたに会えて興奮しています。はちを手で追っ払ったら(おっぱらったら)、すぐに仲間を呼んできて私に攻撃してきたのです。いや大丈夫です。はち除けは慣れたもんです。あちこちの野山でまたは公園などでアカシアの白い花をたくさん見ることができました。そして今日、2年ぶりのアカシアの蜂蜜の収穫ができました。ごめんなさい、あなたにお裾分けできません。即完売でしたので・・・。 5月26日撮影

IMG_6434b.jpg

IMG_6436b.jpg

IMG_6435b.jpg

はちみつ採取の後は炎天下で畑作業をしました。暑さに慣れているはずの私たちでしたが少しは暑かったです。夕食(ディナー?)では静かにワインで乾杯。『LA SEGRETA ラ・セグレタ・ビアンゴ』アカシアの白い花と同じ白のイタリアワイン。ラッキーなことに高いワインも半値で買えたよ。みんな今頃酔っぱらっているだろうな。いいよ、いいよ今夜はお祝いだ。

山は宝石箱

転石の中には宝石がいっぱい詰まっているんだよ。信じられないかもしれないけれど、山のに中は宝石があるんです。オパールとかヒスイとか・・・ 今度探したらひとつあげますね。これから次の山へ行きます。かっこよく言うと、『里山縦走』です。 140531

IMG_6620b.jpg

「次の山」につきましたよ。霧が巻いているのかそれとも、早くも黄砂か。靴を脱いで芝生の上を歩いてみたらとても気持ちがいい。お昼の後、芝生の上でお昼寝しました。真夏と間違えてせみの大合唱が心地よく?聞こえてきます。ハンググライダー、パラグライダーが飛び立つ山。 

IMG_6624b.jpg


下手なスケッチをしている時に声をかけられてお話ししました。『僕たちもスケッチブック持ってきたんですが。。。』とても感じの良い素敵なカップルでしたよ。またお会いできるといいな。 この季節になると「かべがみ」に使います。*120519フィルム撮影*
16780019bb.jpg

IMG_6626b.jpg

IMG_6632b.jpg

なんですかねぇ
IMG_6571b.jpg


涼風をどうぞ!

暑いので余計な汗をかかない方がいいとゆっくり歩いてみても、暑い! 時々の涼風がなんだかとても幸せに感じます。これは『初夏の香と、なんだかとても美味しい風・・・』。お腹がすいてきたのかな?美味しいなんて・・・。そうそう、おなかがすいた時はね、空に向かって大きく口をあけてパクパクしてみて。お腹がいっぱいになるよ!ね!お腹がいっぱいになったでしょ? お腹がすきやすい私が考案した。 140531

IMG_6556b.jpg

IMG_6539b.jpg

IMG_6582b.jpg

IMG_6596b.jpg

IMG_6579b.jpg

おかげで、気になっていた山の名前がわかりました。横通岳、東天井岳の前山は浅川山。おかげですっきりしました。教えてくれた方に感謝。

かわいいやまがーる

三姉妹。かわいいやまがーるは5歳と3歳のお嬢ちゃん。とてもすてきなファミリー登山をしていましたのでパチリ!パチリ!と撮らせていただきましたよ。 (*ブログ掲載の許可を頂きましたが、掲載後不都合でしたら削除します) 140531

可愛いね!ピンクの帽子、ピンクのリュック。休んでなんかいません、
先に歩き出していましたよ! 
page1.jpg

IMG_6553b.jpg
見て!この飲みっぷり。 山を楽しんでいるね。キット将来は・・・だね。

久しぶりの楽しい山歩き。 素敵なご家族に〝有難う〝